アクトのブログ | エクステリア・外構・建設土木工事なら豊田市アクトグループにご相談下さい!

アクトグループ
お問合せ
家のお悩み解決させます!
ブログ
2017年10月29日 [総合リフォームアクト]
雨の日も快適な街づくり エコな暮らし!雨水活用!
雨水貯留タンク
森林や田畑など、自然の多い地域へ降った雨は、地面にへしみ込んでゆっくりと河川へ流れ込みます。
しかし、都市が発展すると、家屋や道路の舗装などが増えて、雨が浸透できる場所が少なくなり、降った雨は河川へ集中して流れ込んで、水害が起きる危険性が高くなります。
東海豪雨時の矢作川
また、地面に浸透する雨が少なくなると、地下水や湧水が枯渇したり、河川の水量が減少するなど自然の水循環にも悪影響を及ぼします。

雨水貯留タンクの目的
※大雨時に雨水を一時的に貯留タンクに貯め、水害が軽減されます。
※観物への散水など雨水の有効活用ができます。
貯留タンクの仕組み
今、豊田市で雨水貯留槽を設置すると最大で60000円補助金がでます!
みよし市でも最大20000円補助金がでます!この機会に是非ご検討ください!

アクトでは雨水貯留タンクの取り付け工事なども取り扱っているので、お気楽にお問合せ下さい。



お問合せフォーム

PageTop